記事の詳細

クオリアートは芸術家(アーティスト)の方のプロモートと、芸術家の作品でコミュニケーションが取れるような展示会を開いている会社です。
クオリアートの今までの活動を紹介します。

草木とともに古都京都に新たな文化を根付かせるべく尽力することを誓うために、清水寺境内に花水木を植樹しました。
枯葉剤の後遺障害や戦争被害を受けた子どもたちのために、ドイツ政府の支援で成立された施設「タンスアンホアビン村」を訪問し、寝たきりの子どもたちや手足の不自由な若者たち一人ひとりの言葉をかけ、力強い握手や抱擁をし触れ合いました。
第三回世界水フォーラムの売上金を、水を取り巻く地球環境保全運動に寄付しました。
日本・チュニジア国交樹立50周年を機に、首都チュニスの「日本通り」に日本とチュニジアの友好のシンボルとして「桜」を植樹し、国境を越えた人々の心のコミュニケーションが桜を咲かせました。また、国交樹立50周年記念テーマ曲CDを制作し、現地で販売し売上金を桜育成のための基金として現地に寄付しました。植樹した桜は、現地のボーイスカウトの子どもたちによって育てられているそうです。
メキシコ州立近代美術館に、日本アーティストの作品で制作された壁画を寄付しました。
カンボジアに、水質などの安全面を考慮した井戸掘り事業を展開し、新鮮な水を提供しました。
東京スカイツリーの2011年完成を願い、アーティストによるオリジナルカレンダーを制作し、各国大使館や病院などの寄贈。米国・NASAのケネディ宇宙センターでも配布し、日本の美術を国内外に向けて広く紹介しました。
上野の森美術館で開催した展示会の会場でポストカードを販売し、その売上金を東日本大震災の義援金として全額寄付しました。

ほかにもたくさんの活動をクオリアートはしています。

クオリアートは創業以来、芸術家のプロモーションに役立つ特別に希少性の高い作品発表の舞台を提供、さらに今後を更なる期待に応えるために、発表の舞台だけではなくその後のアフターフォローも強化すべきだという考えから、新しい取り組みを行っているそうです。
現在クオリアートは、本社を神田から銀座に移転させ、画廊もオープンさせました。銀座は日本の芸術・文化の発信地です。芸術家のみなさまが立ち寄りやすい場所に画廊がないと意味がありません。だからクオリアートを移転し、画廊もオープンさせたそうです。
結果として、芸術に関する情報の入手や新たなネットワークの幅が格段に広がっていると、クオリアートはおっしゃっています。

アーティストが出展出来る場所を提供し、アーティストをサポートする株式会社クオリアート。
創業以来多くのアーティストがクオリアートに助けられたのではないでしょうか?

クオリアートでは、フランス内でのアートフェア出展やパリでの個展開催のサポートを行っています。
フランスのアートフェアはそれは大規模なんだとかで、アーティストの方は一度は訪れたいと思っていることでしょう。

そしてクオリアートは、芸術作品が多く溢れるパリでのアート留学・創作活動のサポートといった滞在生活をトータルでサポートを行ってくれるんだそうです。それも展覧会のプロデュースからマネージメント、パリの滞在と創作活動のサポートといった全ての手続きも手配してくれます。
普通ならば全て自分で行わなくてはいけない展覧会会場のリサーチや交渉、広報活動、作品の搬出搬入といったところから、パリに滞在する為の手続きやアパートやホテルの手配、画材店やスケッチ場所のリサーチ、空港までの送迎や通訳の方がついたりと、まさに至れり尽くせりな滞在をする事が出来るんだそうです。
そんな全てにおいてサポートしてもらえるのであれば海外での生活も安心出来るでしょう。そして滞在中は思う存分芸術に触れる事が出来るのでしょう。

日本を飛び出してパリで挑戦してみたいと思っているアーティストはきっと多いでしょう。
クオリアートの力を借りパリの芸術を肌で感じてみて下さい。
ここまでサポートしてくれる企業はそうそう無いのではないでしょう。

株式会社クオリアート
http://www.qualiart.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る